東京都調布市・京王線調布駅東口徒歩0分の清野鍼灸整骨院ー肩こり・腰痛から骨折・体調不良までご相談ください。

042-481-3770休診日木曜・日曜・祝日ハイミナナオル

院長ブログ

当院からのお知らせ

ワクチン治療(副反応予防治療)の鍼灸治療費は3,500円です 対象期間はワクチン接種1週間前から接種後72時間までです 2022.4.23.

 清野鍼灸整骨院の感染防止対策 2022.1.14.

清野鍼灸整骨院調布本院では、新型コロナウイルスに対するワクチンの副反応を抑えることを目的とした治療を、2021年5月より行っています。ワクチンを接種する前に体調管理することが有効です。接種に不安を感じている人が、5日前より毎日治療した方、前日に治療した方、当日接種前に治療した方の話を伺っていると、注射をした部分の痛みに限定している人が少なくありません。また、接種後6時間以内に治療した人も同様です。
 
 副反応は、ワクチン接種後6時間を経過してから出現して来ます。それから12時間抗原が作られるための戦いが、体内で生じます。12時間経過した時体力がない人は徐々につらい症状が出てきます。その時治療するのもおすすめです。副反応を予防したい方は、ワクチン接種前5日間から接種後2日間が、免疫力アップに最適な治療期間です。3回目のワクチン接種に不安を感じている方は、是非鍼灸治療を受けてみていただきたく思います。

治療費を安価にしているのは、新型コロナウイルスで心身ともにお悩みの方に対する社会奉仕です。また、全てのワクチン接種を対象としていますので、インフルエンザ等のワクチン接種も含みます。どうぞ、東洋医療である鍼灸治療を、ご利用ください。

    《ワクチン治療(副反応予防治療)〕

 対象者 ワクチン接種1週間前から接種後72時間まで
  治療費  鍼灸治療 3,500円

コロナ後遺症「実証治療」を行っています 鍼灸治療2,000円 瘀血治療1,000円 初回は要予約 対象期間は 治療開始日から3か月もしくは50回 実施期間は2021年11月20日から2022年11月20日までの1年間または100人までです 2022.4.23.

ワクチン後遺症治療(接種後の体調不良治療)を2022年4月30日(土)より開始します 鍼灸治療2,500円 瘀血治療1,000円です ワクチン接種後72時間経過しても消失しない症状の改善を目的とした治療です  対象期間は 治療開始日から3か月もしくは50回 実施期間は2022年4月30日から12月30日までです 2022.4.23.

令和4年(2022年)4月23日(土)
 東京・調布 清野鍼灸整骨院
  院長 清野充典 記

清野鍼灸整骨院は1946年(昭和21年)創業 現在76年目
※清野鍼灸整骨院の前身である「清野治療所」は瘀血吸圧治療法を主体とした治療院として1946年(昭和21年)に開業しました。清野鍼灸整骨院は、「瘀血吸圧治療法」を専門に治療できる全国で数少ない医療機関です。

[鍼灸師のスタンプ]を作成しました 鍼灸治療の普及にご協力をお願いします

[ 2022.04.23 ]