東京都調布市・京王線調布駅東口徒歩0分の清野鍼灸整骨院ー肩こり・腰痛から骨折・体調不良までご相談ください。

042-481-3770休診日木曜・日曜・祝日ハイミナナオル

院長ブログ

当院の治療(鍼灸院)

ものもらいの時お灸をすると小さくなります

ものもらいは、麦粒腫の俗称です。

麦粒腫とは、細菌感染によりまぶたに痛みや小さなふくらみができる疾患です。免疫力が低下すると、細菌が増殖して発症します。

目に痛みやかゆみが出たとき鍼灸治療をすると、概ね1~2回の治療で症状は消失します。

麦粒腫が出る時は、症状が進んでいます。数回の治療を必要としますが、腫れ始めたとき指にお灸をすると腫れが小さくなりますので、目を開けることが困難な方は、すぐご来院頂きたく思います。

免疫力向上に、鍼灸治療は最適です。目の周囲を清潔にして薬物治療をしても改善しない方は、是非ご相談頂きたく思います。

東京都調布市 京王線調布駅東口北側目の前
 清野鍼灸整骨院は京王線新宿駅より特急2駅目15分

[ 2020.02.10 ]

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル