東京都調布市・京王線調布駅東口徒歩0分の清野鍼灸整骨院ー肩こり・腰痛から骨折・体調不良までご相談ください。

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル

院長ブログ

当院からのお知らせ

第33回調布市東洋医学講座「脱臼をしたときの対処法」を令和元年8月30日(土)に開催します

令和元年8月31日(土)に、第33回調布市東洋医学講座を、調布本院内で開催します。時間は、14時10分~14時40分です。

演題は、「脱臼をしたときの対処法」です。

脱臼すると骨が正常なところにないため、ビックリしてすぐ気付きます。
はずれたーーーと思ったら、どうしたらよいと思いますか???
外れた関節が手や足の指の場合、自分で引っ張れば、不完全な場所とはいえ、概ね元通りになります。
脱臼した直後は、意外にも痛くないので、脱臼癖が付いている人は、冷静に関節を元通りにする傾向にあります。
 あくびをしたら、口が閉まらなくなった
 こどもの手を引っ張ったら肘を動かさなくなった
 肩を付いて倒れたら鎖骨が浮き上がってしまった
 手の甲がこぶのように腫れ上がった
 膝から下のすねが変な方向に曲がってしまった
 はずれたかどうか分からないけど、ドンドン腫れてきた
 急いで元通りにしたけど、痛みが引かない
 
脱臼は、6時間以内に整復すると後遺症を最小限に抑えることが出来ます。   
 
有りそうで意外にない「脱臼の対処法」の講演会を開催します。ふるって、ご参加ください。

演題 「脱臼をしたときの対処法」
 講師 清野鍼灸整骨院院長 清野充典
 日時 令和元年8月31日(土)
    14時10分~14時40分
 場所  東京都調布市布田1-45-1 CIELOビル3階
      清野鍼灸整骨院内
 電話  042-481-3770
 会費  オアシス会員 無料 
     清野鍼灸整骨院患者様 100円(資料代等)
     一般 300円(資料代等) 付き添いは無料
 
 東京・調布 清野鍼灸整骨院
   院長 清野充典 記

 当院院長清野充典が朝日新聞朝刊に掲載されました 

 朝日新聞デジタル『マイベストプロ東京』に清野充典が掲載されました

 清野充典が【THE ROOTS】の取材を受けました。
 
   

[ 2019.08.30 ]

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル