東京都調布市・京王線調布駅東口徒歩0分の清野鍼灸整骨院ー肩こり・腰痛から骨折・体調不良までご相談ください。

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル

院長ブログ

当院の治療(整骨院)

接骨院・整骨院ってどんなところかご存じですか?

皆さんは、○○接骨院とか△△整骨院という看板をよく見かけると思いますが、この2つに違いがあると思っている人は多いことと思います。
国家資格は「柔道整復師」といって、同じ免許です。では「柔道整復師」とは、どんな治療を行う資格なのかということです。
それは、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(ざしょう・肉ばなれのこと)を取り扱う人のことです。
それなら、整形外科と同じではないかと思われることでしょうね。

医学的には、骨折や脱臼等を処置する時に2つの方法が考えられます。
それには、
1.観血療法
2.非観血療法 があります。
1.は、メスを使って切開処置する方法でいわゆる外科手術・OPE(オペ)です。
手術というと殆どの人がこの方法を思い浮かべる事と思います。
西洋医学が東洋医学より優れている点の1つに、この外科手術が発達したことだともいえます。

東洋医学でも2000年以上前に外科手術を行っていましたが(むしろ西洋よりももっと早い段階で行われていた)、華佗という天下の名医を自分の病気に麻酔をかけて手術をすることに疑問をもった時の権力者、魏の曹操が殺してしまったことにより、学問が継承されず、その後あまり発展されなかったことは、歴史上悲しい出来事でした。
それでも、東洋医学では、2.の非観血療法が発達しました。

この方法は、皮膚内で起きた骨折や脱臼等を切り開かずに手で診察し、治療する方法の事を指します。
骨折や脱臼した部分を元の場所に戻す事を「整復」するといいます。
柔道整復師には、この「整復」という2文字がつけられています。
いまでこそレントゲン撮影ができますが、それは100年にも満たない歴史です。
「手でさぐり、身体の中をうかがう」3000年の東洋医学の英知が外傷(けが)を診たてる方法にもたくさんあるということです。
接骨院・整骨院は、メスで切り開かずに、骨折や脱臼を「手だけによる手術」で治すところです。

骨折や脱臼、アキレス腱断裂などの外傷で(観血療法)手術を受けたくない方は、是非ご相談してみていただきたいと思います。
メスを入れた方がいいか、入れなくてもいいかの判断が下せると思います。

次から以下の項目で、皆様に具体的な細かい点をお伝えしていきたいと思います。
骨折かどうかを判断する方法は?
骨折を診てもらうには、どのぐらいの時間がいいの?
骨折の時 観血療法と非観血療法のどちらを受けるかを患者が判断するには?
脱臼と捻挫の違いは?
脱臼でメスを入れる時と入れない時の治り方の違いは?
骨折・脱臼に鎮痛剤はいらない?!
捻挫って何日ぐらいで治るの?
打撲はこわい!
肉離れってなに?
アキレス腱断裂って、メスを入れないで治るの?
拘縮(こうしゅく)ってご存知ですか? (NEW!)
 関節の固定は何日目までが適当か!!
どのぐらい難しい骨折まで手(徒手整復術)で治るの?

当院の治療をご希望の方は、「治療の流れ」をご覧頂きたく思います。

  東京・調布 清野鍼灸整骨院
   院長 清野充典 記

[ 2019.07.29 ]

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル