東京都調布市・京王線調布駅東口徒歩0分の清野鍼灸整骨院ー肩こり・腰痛から骨折・体調不良までご相談ください。

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル

院長ブログ

当院の治療(鍼灸院)

気管支喘息の発作は鍼灸治療で緩解可能です

気管支喘息は、呼吸時に喘鳴が出る、咳や痰が出る、呼吸が困難になる等の状態を言います。

発症は10歳代以前に見られることも多いことから、小児喘息と言われることもありますが、壮年期や老年期にも見られます。気管支や気道周辺に生じる病変は、1年中全世代に見られる疾患です。

現代医療においては、疾病原因の解明が多方面から進んではいるものの、決定的な療法はいまだない状態といえます。

鍼灸治療は、様々な病気に対応可能ですが、一番の得意分野は、呼吸器疾患です。気管支喘息の発作時に、鍼灸治療を行って、呼吸が楽になることは少なくありません。私は、1本の鍼治療で発作がおさまる経験を、幾度となくしています。

基礎体力を付ける事を目的に、週に1~2回鍼灸治療を定期的に行うと、発作は起こりづらくなります。呼吸が苦しいときも含め、まずは、お電話にてご相談ください。

病気相談も承っておりますので、直接ご来院いただいても結構です。

当院の治療をご希望の方は、「治療の流れ」をご覧頂きたく思います。

清野鍼灸整骨院 
院長 清野充典 

[ 2019.02.06 ]

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル