東京都調布市・京王線調布駅東口徒歩0分の清野鍼灸整骨院ー肩こり・腰痛から骨折・体調不良までご相談ください。

042-481-3770休診日木曜・日曜・祝日ハイミナナオル

院長ブログ

院長ブログ

鍼灸治療とはどんな治療方法か 2 はりきゅうは即効性がある治療法です

東洋医学や鍼灸治療が、盛んに報道されています。鍼灸治療は、いろいろな病気に対応可能な医療ですが、実際はどんな治療法なのか伝わっていないのではないかと思い、このブログを書いています。

鍼灸治療の効果を紹介する際、数多くの病気が列挙されています。出典は、WHOが認めた適応症を掲載しているところが殆どだと思われます。しかしながら、それらの病気が、いつどのような段階で効果を発揮するのかがわかりません。わかりやすく言うと、急性期に有効なのか、慢性期に有効なのかということです。

一般的に、鍼灸治療は肩こりや腰痛に有効だと思っている人が多いようです。つまり、慢性期の病気には有効だという認識です。そのことに間違いはないのですが、鍼灸治療が一番有効性を発揮できる時期は、急性期です。病気が発生した直後が、一番鍼灸治療の効果を実感していただけます。

つまり、腰痛であれば、ぎっくり腰と言われる時です。突然痛みが出て動けなくなり、じっとしていられないという状態です。こんな時、薬を飲まず、シップも張らず、痛いところを揉まないですぐ鍼灸治療をすれば、たちまち楽になります。また、片方の顔面が急に動かなくなる末梢性顔面神経麻痺の場合も同じです。動かなくなったその日に脳に大きな病気を持っていなければ、鍼灸治療をした直後に動き始めます。

あらゆる症状に、同様のことが言えます。鍼灸治療は、即効性がある治療です。症状が出たら、すぐご来院いただきたく思います。意識障害や事故等の救急搬送時を除き、医療の第一選択肢の鍼灸治療を加えてお考えいただきたく思います。

鍼術は、細い針から太い針、短い針から長い針、金・銀・銅・ステンレスなどを用いた柔らかい針から硬い針、膿や瘀血を取り出す形状の針など、様々な種類の針を、様々な手技(体に触れる時から体内深く刺す間までの操作方法)を用いて、いろいろなこころの病に対応しようとします。
 灸術は、温度が低い艾から温度が高くなる艾を用いて、小さい艾(05cm)から大きい艾(4.0cm)、柔らかくひねった艾から硬くひねった艾、糸状の形から炎状の形など、様々な種類の艾を、様々な手技(皮膚を艾で直接焼く方法や皮膚から艾を離して体を温める方法)を用いて、いろいろなからだの病に対応します。

治療の流れ」には、はりやもぐさの写真がありますので、ご覧いただきたく思います。

ご来院時は、マスクの交換をお願いいたします。マスクのご用意をいただけなかった方には、個別包装の不織布マスクを無料で提供しています。治療院内の混雑を回避するため、予約の方を優先する診療体制にしております。
 調布本院の予約時間は、以下の通りです。
午前9:20、9:35、9:50、10:05、10:20、10:35、10:50、11:05、11:20、11:35、11:50、12:05
午後3:00、3:15、3:30、3:45、4:00、4:15、4:30、4:45、5:00、5:15、5:30、5:45
 ご予約戴く際、通院されている方は、診察券の番号をお伝え戴きますようにお願い致します。ご予約が困難な方は、自由な時間にご来院戴いて結構です。

インターネット予約フォーム
 (予約は3診療日前まで)

府中センターの予約時間は、以下の通りです。
午前 9:00、9:30、10:00、10:30、11:00、11:30
午後 3:00、3:30、4:00、4:30、5:00、5:30、 6:00、    
6:30、(土曜日は5:30が最終)
ご予約は、当日予約でもOKです。30分前でも電話で予約時間の空き状況をご確認いただけます。

鍼灸治療とはどんな治療方法か 初めてはりきゅう治療を受けられる方にイメージをお伝えします
 「鍼灸治療とはどんな治療方法か 2 はりきゅうは即効性がある治療法です

東京・調布 清野鍼灸整骨院 
  院長 清野充典

清野鍼灸整骨院は1946年(昭和21年)創業 現在75年目
※清野鍼灸整骨院の前身である「清野治療所」は瘀血吸圧治療法を主体とした治療院として1946年(昭和21年)に開業しました。清野鍼灸整骨院は、「瘀血吸圧治療法」を専門に治療できる全国で数少ない医療機関です。

[ 2021.03.08 ]

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル