東京都調布市・京王線調布駅東口徒歩0分の清野鍼灸整骨院ー肩こり・腰痛から骨折・体調不良までご相談ください。

042-481-3770休診日木曜・日曜・祝日ハイミナナオル

院長ブログ

清野メディカルヨーガ東洋医学友の会オアシス当院からのお知らせ

第37回調布市東洋医学講座「打撲をしたときの対処法」を令和元年12月21日(土)14時00分~14時30分に清野鍼灸整骨院本院内で開催します

第37回調布市東洋医学講座を、令和元年12月21日(土)14時00分~14時30分に、清野鍼灸整骨院本院内で開催します。演題は、「打撲をしたときの対処法」です。

打撲は、放置すると長期化します。痛みや内出血がなかなか引かないことは、少なくありません。打撲に対する知識を、是非身につけていただきたく思います。お時間のある方は、是非ご参加いただきたく思います。

          記

「打撲だから大丈夫よ」。そんな言葉を日常よく聞きませんか。
内出血は、受傷後4~5日すると、体幹部の出血部分は、打撲した部分を中心に輪になり、それがだんだん大きくなります。やがて、日にちが経つに連れ、少しずつ薄れてきます。上肢部や下肢部の出血部分は、血液が手先・足先に移動します。内出血がある場所は、痛みやすく、運動制限が起きます。多くの場合、約2週間から3週間にわたり、内出血が残ります。ひどい打撲は内出血が消えるまで1ヶ月近くかかる人も多くみられます。痛みや運動制限はそのままです。 
 この頃になり、「打撲だな。そのうち治るだろう。」と、安易に考えていた自分を振り返るようになります。
 「失敗したーーー。早く病院に行けばよかったーーー。」
 でも、打撲をしたときどんな処置をしたらいいの?
 どんなところにいけばいいの?
 打撲って、治療法あるの?早く治るの?
そんなあなたの疑問にお答えします。

講師 清野鍼灸整骨院院長 清野充典
日時 令和元年12月21日(土)14時00分~14時30分
場所 東京都調布市布田1-45-1 CIELOビル3階
      清野鍼灸整骨院内
電話 042-481-3770
会費 オアシス会員 無料 
   清野鍼灸整骨院患者様・メディカルヨーガ会員 100円(資料代等)
   一般 300円(資料代等) 付き添いは無料

打撲の痛みは3週間ほど続く事がありますのですぐ対処しましょう
  「打撲は適切な処置をすると約4日で痛みが消失します
  「打撲は怖い
 「打撲を放置すると意外に長引く理由

令和元年12月7日(土)
 東京・調布 清野鍼灸整骨院
  院長 清野充典 記

[ 2019.12.09 ]

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル