東京都調布市・京王線調布駅東口徒歩0分の清野鍼灸整骨院ー肩こり・腰痛から骨折・体調不良までご相談ください。

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル

院長ブログ

当院の治療(鍼灸院)

小児はりの効果について 流行性耳下腺炎・顎下腺炎 1

流行性耳下腺炎・顎下腺炎は、子供の頃によくかかる病気です。
「おたふくかぜ」といったほうが誰でもわかるのではないでしょうか。
おたふくかぜは、耳の下にある唾液を出す場所(腺)・耳下腺に、ウイルスが入り込みそこが大きく腫れる様がおたふくさんに似ているためにつけられた俗称です。
唾液を出す場所(腺)は他に顎の下の顎下腺、舌の下に舌下腺がありますが、人によっては顎下腺が腫れます。最初に顎下腺が腫れるとおたふくかぜに見えないこともありますので注意が必要です。

おたふくかぜは16日から18日の潜伏期間の後に発病します。ただし、ウイルスに感染しても30~40%は何の症状も示さず抗体ができて終わることもある感染力の弱い感染症ですから怖がることはありません。
具体的な症状は、
(1)耳下腺・顎下腺が腫れる。
(2)腫れた部分が痛む。
(3)熱が出る。
(4)お腹が痛くなる。
などです。3~7日で腫れがひきます。両側の耳下腺が腫れる人は片側が腫れ数日後にもう一方が腫れてきますので、腫れがひくのに10日ぐらいかかることもあります。片側だけ腫れる人が約25%で、両側が腫れる人が約75%です。

体力がある場合は上記日数程度で緩解しますが、基礎体力が低下していると耳下腺の腫れがひくのに1週間以上要したり、体熱の上昇がつづきます。両側が腫れると2週間以上苦しい思いをすることになります。こんなときは鍼灸治療を受けてみてください。腫れが早くひき体温の上昇を防ぐお手伝いができます。(つづく)

小児はりが有効な症状は「小児はりについて」をご覧ください。

当院の治療をご希望の方は、「治療の流れ」をご覧頂きたく思います。

 東京・調布 清野鍼灸整骨院
   院長 清野充典 記

[ 2019.09.18 ]

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル