東京都調布市・京王線調布駅東口徒歩0分の清野鍼灸整骨院ー肩こり・腰痛から骨折・体調不良までご相談ください。

042-481-3770休診日木曜・日曜・祝日ハイミナナオル

院長ブログ

当院の治療(整骨院)

脱臼をしたら最初にするべきことは関節の保護 不用意に引っ張ると骨折や靭帯断裂などの二次的被害を招きます

脱臼は、関節が大きく変形しますので、一目見れば自分で判断出来ます。脱臼した直後は、痛みが発生しません。本人は、変形した自分の関節を見て、ただただ驚くだけです。一瞬パニックに陥った後、変形した関節を何とかしようと思います。

痛みは数分経過した後に出てきますので、自分で引っ張って元に戻そうという気持ちが働きます。この気持ちが要注意です。脱臼している時は、おおむね靭帯を損傷しています。骨を包んでいる関節包が破れ、骨折を併発している確率が低くはありません。引っ張る方向が分からないにも関わらず、むやみに関節を元に戻そうとする行為は、靭帯の損傷範囲や骨折している部位の離開を拡大する(折れた骨の本体と骨のかけらが更に離れる)ことが考えられます。

最悪、神経を傷付け、麻痺を生じる場合があります。いわゆる二次被害です。手や足の指を脱臼した場合、簡単に直せると思い、自分で整復する人が数多くいます。痛みが止まらず来院した人の多くは、骨折や靭帯の断裂を伴っています。脱臼だと思ったら、ずれた関節が動かないように工夫をし、あまり痛みが強くならないうちにすぐご来院ください。

肩関節は習慣性脱臼を起こしやすい場所です。経験のある人は、自分で元に戻す人が多く見られます。痛みが多少なりとも残る人は、完全に元の位置に戻ったか、確認にいらっしゃってください。放置すると、肩関節周囲炎に移行する確率が高くなります。40~50歳代になった時、四十肩や五十肩になることを回避しましょう。

骨折・脱臼に鎮痛剤は必要ありません
 「脱臼でメスを入れる時と入れない時の治り方の違い
 「脱臼だとわかったらどうしたら良いのか 捻挫との見分け方は?
 「筋力の低下は脱臼を招きやすい 睡眠不足による集中力低下は関節をひっかけて脱臼を起こす確率が高くなります
 「脱臼をしたら最初にするべきことは関節の保護 不用意に引っ張ると骨折や靭帯断裂などの二次的被害を招きます
 「脱臼した関節の冷やしすぎは厳禁 4℃程度の水をタオルに染み込ませて患部に当てましょう
 「脱臼を確認後 6時間以内に徒手整復(非観血療法による外科手術)をすれば後遺症はほとんど残りません

当院の治療をご希望の方は、「治療の流れ」をご覧頂きたく思います。

 東京・調布 清野鍼灸整骨院
   院長 清野充典 記

朝日新聞デジタル マイベストプローJIJICO掲載コラム
骨が折れたなと思ったらすべき事は何か 冷やし過ぎは良くない?
脱臼した時に関節を自分で戻すのは危険 もし骨折を伴っていたらどうなる?
捻挫は放置しても治らない 有効な治療方法は?

[ 2021.01.19 ]

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル