東京都調布市・京王線調布駅東口徒歩0分の清野鍼灸整骨院ー肩こり・腰痛から骨折・体調不良までご相談ください。

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル

院長ブログ

当院の治療(整骨院)

肉離れには徒手整復術が必要です

「肉離れ」という言葉はスポーツをしている方ならよく耳にする事と思います。

医学上は「挫傷(ざしょう)」といいます。

「肉離れ」とは、筋肉が部分的に切れた状態をいいます。ちなみに、筋肉が完全に切れてしまうと、「筋断裂」と言います。

筋肉は、紡錘形をしており、筋肉の繊維が縮んだり伸びたりして、関節を動かしたり、骨格や内臓を支えています。そのため、肉離れが起きると、体を動かすことが困難になります。

「肉離れ」だと思ったら、皆さんはどうしていますか。湿布をしますか。安静にして痛みが引くのを待ちますか。

「肉離れ」は、筋肉が部分断裂した状態です。筋肉が部分的に離れた状態です。そのため、筋肉を元の位置に戻す必要があります。

当院では、筋肉を元の位置にもどす方法を行っています。非観血療法である徒手整復術を用いれば、ほぼ元の状態に復元することが可能です。

離れた筋肉を元の位置に復元しない状態で湿布を貼るとか安静にしていることをしても、筋肉は元通りになりません。痛みは、軽くなる程度でとどまります。切れた部分の周囲が固くなり、運動能力は著しく低下します。また、身体が疲労した時や気温が低くなり湿度が増加した時に、痛みを伴うようになることも少なくありません。

「肉離れ」だと思ったら、迷わず徒手整復術を行うことができる清野鍼灸整骨院を受診して下さい。通常の「挫傷」であれば、2~3週間程で完治するはずです。

「接骨院・整骨院」は、「東洋医学の医療」である徒手整復術(非観血療法)を提供できる医療機関です。

当院の治療をご希望の方は、「治療の流れ」をご覧頂きたく思います。

東京・調布 清野鍼灸整骨院
   院長 清野充典

[ 2019.08.17 ]

042-481-3770休診日日曜・祝日ハイミナナオル