東京都調布市・京王線調布駅東口徒歩0分の清野鍼灸整骨院ー肩こり・腰痛から骨折・体調不良までご相談ください。

042-481-3770休診日木曜・日曜・祝日ハイミナナオル

院長ブログ

当院の治療(鍼灸院)

小児ばり 第7話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 1)「アトピー性皮膚炎」になる原因は「冷え」「症状」とは、身体がもとに戻ろうとする現象

B.東洋医学の見地から

1)「アトピー性皮膚炎」になる原因は「冷え」

今度は東洋医学的な見方で考えていきたいと思います。「アトピー性皮膚炎」の発症原因は身体の「冷え」です。この一言に尽きます。医師たちが東洋医学を勉強する学会の一つに、「日本東洋医学会」という学会があります。そこでの、「アトピー性皮膚炎」に対する共通の認識も、「冷え」です。東洋医学的な考え方を医師たちが理解すると、内科医も皮膚科医も、原因となる身体の「冷え」をどう取り除こうかと論議します。少ない人数ですが、こういった医師の診療を受けるとアトピー性皮膚炎も良い状態になると思います。残念ながら、東洋医学をよく理解した皮膚科の医師は、まだまだ少ないのが現状です。

内臓の働きが悪くなると、身体は冷えてきます(低体温になります)。3歳のお子さんが「アトピー性皮膚炎」を引き起こす生活を改善せず10歳を迎えても、内臓は健康な10歳児のように成長しないことが考えられます。そういうお子さんは、内臓が6・7歳程度の能力しかないような印象を持つことがよくあります。中学、高校と、年月を経れば経るほど、どんどん成長が遅れるように思います。

※清野鍼灸整骨院旧ホームページ「東洋医学の辞書サイト」内にある「小児ばり」の内容を転載しています。

小児ばり 連載開始 はじめに
 「小児ばり 第2話 1.流行性耳下腺炎・顎下腺炎
 「小児ばり 第3話 2.アトピー性皮膚炎 1)アトピー性皮膚炎は病名でなく症候名です
 「小児ばり 第4話 2.アトピー性皮膚炎 A.西洋医学の見地から 2)アレルギーって何?
 「小児ばり 第5話 2.アトピー性皮膚炎 A.西洋医学の見地から 3)根本解決にならない西洋医学の「アトピー性皮膚炎への対処
 「小児ばり 第6話 2.アトピー性皮膚炎 A.西洋医学の見地から 4)「症状」とは、身体がもとに戻ろうとする現象
 「小児ばり 第7話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 1)「アトピー性皮膚炎」になる原因は「冷え」「症状」とは、身体がもとに戻ろうとする現象
 「小児ばり 第8話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 2)「冷え」の主な6つの原因 ①寝不足
 「小児ばり 第9話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 2)「冷え(低体温)」の主な6つの原因 ②遅い時間の入浴 ③遅い時間の飲食
 「小児ばり 第10話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 2)「冷え(低体温)」の主な6つの原因 ④不規則な時間帯の飲食 ⑤口呼吸
 「小児ばり 第11話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 2)「冷え(低体温)」の主な6つの原因 ⑥ストレス
 「小児ばり 第12話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 3)東洋医療・鍼灸治療をするとどうなるか
 「小児ばり 第13話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 4)生まれてまもなく症状がでるお子さん・乳児の場合
 「小児ばり 第14話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 5)「アトピー性皮膚炎」のお子さんをお持ちのお母さんはここを是非お読みください

[ 2020.12.29 ]