東京都調布市・京王線調布駅東口徒歩0分の清野鍼灸整骨院ー肩こり・腰痛から骨折・体調不良までご相談ください。

042-481-3770休診日木曜・日曜・祝日ハイミナナオル

院長ブログ

当院の治療(鍼灸院)

小児ばり 第5話 2.アトピー性皮膚炎 A.西洋医学の見地から 3)根本解決にならない西洋医学の「アトピー性皮膚炎」への対処

A.西洋医学の見地から

3)根本解決にならない西洋医学の「アトピー性皮膚炎」への対処

「アトピー性皮膚炎」は、医学上、増悪・緩解を繰り返す〈かゆみ〉のある湿疹を主とした疾患に用います。よく、患者さんから、皮膚科を受診すると、医師が「この状態はアトピー性皮膚炎ですね」と診断?し、それ以外の話をほとんどしない、という話を耳にします。
 「アトピー性皮膚炎」は治療法が分からない「症候名」ですから、西洋医療では、対応の手順として、
  1.アトピー性皮膚炎を引き起こしている原因を見つける
  2.肌の手入れをする 
  3.薬物療法を行う(症状をおさえる) 
 で対応しています。根本解決になる医療行為ではないことがお分かりだと思います。

近年、子供以外に成人の方も増えています。大きな要因として、生活様式の変化がもたらしているといえます。食べ物・汗・ストレスなどが原因と考えられるようですが、これらを避けることは現代社会において無理だと思われます。また、肌の手入れを入浴に求め、汗や皮脂・汚れを洗い流し、水分を補給することに傾倒すると、洗いすぎて脂っ気が無くなり、むしろアトピー性皮膚炎を悪化させている例が多いように思われます。最近、石鹸の問題が取り上げられています。合成剤を使った石鹸が主流ですが、自然の材料だけでつくられた石鹸は値段が高いですよね。昔は当たり前だった自然の石鹸を使用するためにお金をかけることにつながります。「アトピー性皮膚炎」の患者さんをお持ちのご家族はこういった知識はお話しするまでもなく、たくさん知っていらっしゃる方が多いようです。

医師の生活指導は、この食べ物はいけない、これはしてはいけない、あれはしてはいけないといわれ、それだけで精神的ストレスになるようなことばかりだという話を聞きます。でも、生活を神経質なまでに注意しても、なかなかアトピー性皮膚炎が良くならない。良くないから、仕方なくステロイド外用薬を使用する。という話を良く聞きませんか?とくに、親がアトピー性の皮膚状態になっている人は、お子さんの生活が、どこに問題あるのか分からないと思います。

毎晩お布団に入ると皮膚をかきむしる「アトピー性皮膚炎」の子供に、ステロイド外用薬を使ったら、夜すっと眠ってくれた。親もほっと一安心。明くる日、また痒みがでてきた。んんんーー どうしたら良いのだろう。このままステロイドを続けても良いのだろうか?
 
西洋医学は、症状が出たとき、症状を回避するためや、症状を押さえ込むにはどうしたら良いか、またこの苦痛から逃れるにはどうしたら良いかということを中心に医療を行っています。患者の苦痛を取り除くということは、十分医療行為として重要なことと思います。でも根治は困難です。現時点では、「アトピー性皮膚炎」に関して、西洋の医療で根治する方法がみあたりません。まず症状を押さえ込む事を重要視しているように思われます。

このままステロイドを続けても良いのだろうか?とお悩みの親御さんなら「ステロイド外用薬を、塗っていると症状は出ませんが、このまま継続しても問題ありませんか」と医師に尋ねてみたことがあるのではないでしょうか?おそらく明確な返答をしなかった医師に診療してもらっていた方が、この文章を読んでいることと思います。

※清野鍼灸整骨院旧ホームページ「東洋医学の辞書サイト」内にある「小児ばり」の内容を転載しています。

小児ばり 連載開始 はじめに
 「小児ばり 第2話 1.流行性耳下腺炎・顎下腺炎
 「小児ばり 第3話 2.アトピー性皮膚炎 1)アトピー性皮膚炎は病名でなく症候名です
 「小児ばり 第4話 2.アトピー性皮膚炎 A.西洋医学の見地から 2)アレルギーって何?
 「小児ばり 第5話 2.アトピー性皮膚炎 A.西洋医学の見地から 3)根本解決にならない西洋医学の「アトピー性皮膚炎への対処
 「小児ばり 第6話 2.アトピー性皮膚炎 A.西洋医学の見地から 4)「症状」とは、身体がもとに戻ろうとする現象
 「小児ばり 第7話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 1)「アトピー性皮膚炎」になる原因は「冷え」「症状」とは、身体がもとに戻ろうとする現象
 「小児ばり 第8話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 2)「冷え」の主な6つの原因 ①寝不足
 「小児ばり 第9話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 2)「冷え(低体温)」の主な6つの原因 ②遅い時間の入浴 ③遅い時間の飲食
 「小児ばり 第10話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 2)「冷え(低体温)」の主な6つの原因 ④不規則な時間帯の飲食 ⑤口呼吸
 「小児ばり 第11話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 2)「冷え(低体温)」の主な6つの原因 ⑥ストレス
 「小児ばり 第12話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 3)東洋医療・鍼灸治療をするとどうなるか
 「小児ばり 第13話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 4)生まれてまもなく症状がでるお子さん・乳児の場合
 「小児ばり 第14話 2.アトピー性皮膚炎 B.東洋医学の見地から 5)「アトピー性皮膚炎」のお子さんをお持ちのお母さんはここを是非お読みください

[ 2020.12.23 ]